キンドル小説などについて。メンタル経験あり。太宰治が好きです。タイトルは太宰が自分を曝け出して小説を書くことから
ここにない小説は右のキンドル版リンク先にあります


また、新しいコラーゲンのサプリがご登場である。

解説によると、純粋な三重らせんコラーゲンで加熱してはいけないのだそうである。

タンパク質は二次構造、三次構造があり、コラーゲンはたしかに三重らせんの特殊なタンパク質だ。

加熱すると分解、と記述されているが変成がただしい。

ただし、コラーゲンは構造を強化できるイオウを含むタンパク質で、加熱に強い。

加熱変性しても、ゆで卵の白身が白くなるのとおなじで栄養成分は変わらない。

欺されないように。

関連記事
スポンサーサイト

 よく考えて見たら、バイプレイヤーズという役者魂を表現した作品の途中でのお亡くなりである。

 幸せな人生と最後であった、と納得するしかない。

関連記事
なんでまた、人あたりがよくて自分に厳しく、仕事が出来る人にかぎって早逝なされるんだ。

全く以て残念、今夜はバイプレイヤーズを見て悲しみをこらえるよ。

もう、ものも食えない。

関連記事
ほんとにしょうもない、と思うのはこの世代。

世代として十把一絡げにするのも問題なので、その世代の一部としておくけれども。

やりたい放題、やってきたくせして幼稚園つくるな、とか言うのである。

どうしようもない。

福祉も年金も受けてるくせしやがって、ろくでもないくせに威張っているのである。

まったく、日本はこいつらのせいでこんなになってるのかと思うとね。

関連記事

SNPsの検査は詳細な情報が欲しければ、23andMeがいいです。

血液型、髪の質、薬剤耐性、アルコール反応などは正確に分かります。

ただしくは分からないものもあり、そこには*マークで正確性が記載され原論文が引用されてます。

娘の血液型は検査してもいないのにA型と、すでに判明しています。

米国のグーグル支配下の企業ですゆえに英語で表記されるサイトにアクセスして結果を見ます。

多少の英語、または翻訳で理解できるのでおすすめします。


関連記事

遺伝子には多型というものがあり、1万ほどで検査ができ、どのような薬剤に対して効くとかきかないとかが分かる。

SNPs(スニップス)とよばれていて、直接の原因遺伝子とは関係ないこともあるが、かなり分かってきている。

例えば血液凝固剤が効くかきかないか、イリノテカンという抗がん剤が効くとか有害になるとか。

私の娘もわたしも調べており、私はアルコールを少しだけ飲める。

娘は全くアルデヒド脱水素酵素を持たないので飲むことはできない。

関連記事
ちかごろでは、米国人さえ筆記体が書けない人が増えているそうである。

わたくしも中学生の頃、父の出張先同僚から英語のエアメールがきて、ブロック体でかいてあったので驚いた。

ごく普通に英語を書くときはもうほとんどの人はブロック体で書いている。

ま、漢字書けない日本人の一人として分かるけどね。

タイプとかPCが普及したらそうなるよね。

関連記事
欧州やアジア、特に日本は歴史ある国で、独自の文化を継承してる。

米国にはそれが無い。

米国人のコンプレックスは実はそこにある。

歴史に対する憧れというのは想像もできないほど強い。

だからこそ、新しいものに挑戦するのであろうけど。

関連記事
edelweissを由紀さおりの歌で聞いた。

実によくできた意訳でよい。

この歌の詩ではhomelandが重要である。

そのようなことを良く理解しなければならない。

よく使われる「やさしいはなよ」という訳は、理解してない証左だ。

それにしても、the rose (都はるみ)の宮崎駿・訳詞はものすごく酷い。

なんで、こう破壊力のあるぶち壊しをしてくれるんだろう。

この人の作品はともかく、英語の意訳は超のつく下手くそ。

関連記事
 
 娘がバレンタインデーに、男の子にチョコレートをあげたそうである。

 男の子は、

 「かてーよ(硬いよ)」

 と言ったそうだ。

 それは、男の照れなんだよ、わかってくれ。

関連記事
copyright © 2006 2018 文豪ストリーキング all rights reserved.