FC2ブログ

評論 文字媒体というメディア 四

ここでは、「評論 文字媒体というメディア 四」 に関する記事を紹介しています。
4.面白い、という文章はたしかにある

 3で述べたように、文章の利用価値、という面でみると、文章でなくては表現できないような面白いモノを書く人もわずかながら存在するわけで、そういった人を発掘する意味でもこの手のサイトは必要かもしれない。全体のパイは縮小するかもしれないが、そのような文化は人の人生を豊かにするかもしれない、あるいは豊かにしなくても一時的にでも楽しい気分を味合わせてくれる。

 このサイト、あるいは他のサイトでもそのような書き手は必ず存在しており、面白いわけである。ただ、その一点においてだけであっても文章というメディアに存在価値はあるかもしれない。判で押したような小説を読むくらいなら、別な娯楽がたくさんあるわけで、一時的にはそのような小説が人気になろうと、いずれは飽きられてしまう。そのターンオーバー期間はどんどん短くなっていくはずで、やがては廃れてしまう。しかし、上述したような才能ある書き手は、型にはまらず、かつ面白いのであり、文章というメディアが絶滅するわけではない、という可能性を示唆してくれるだけでも十分である。そのようなものが自分にも書ければ良いのではあるが、この作業には天が与えた才能というものがあるようで、自分にあるとも思えず、この才能に恵まれた方の文章を見てはため息をつくことになる。

以上

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/434-87e3d75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2018 文豪ストリーキング all rights reserved.