FC2ブログ

もう原発という解はないよ

ここでは、「もう原発という解はないよ」 に関する記事を紹介しています。
 昨日、録画したメルトダウンfile7(NHK)を見た。

 大杉漣さんが所長役で再現フィルムに出ているということもある。

 現場が如何に右往左往していたのか、良く分かる。

 元はと言えば、四十年以上経過した原子炉をつかい続ける、という決定が背景にある。そもそも核エネルギーを人間は制御する能力を持っていない。

 現時点でも、原発には多量の廃燃料が貯め続けられている。処分のしようがないからだ。再処理しようにも六カ所がまともに稼働していない。再処理施設を持つのはイギリス(セラフィールド)とフランスだけである。

 イギリスのセラフィールドではたびたびの汚染事故のために、アイリッシュ海の放射性物質汚染は福島よりはるかにひどいと言われている。英国政府は汚染は海流で流れているとしている。でも、福島沖の海流が速く深い太平洋より浅いアイリッシュ海でとれた魚のフィッシュアンドチップスなんてこわくて食う気はしない。しかし、東日本海域は綿密に魚の捕獲調査をしているので、市場に出ているモノはそんなに心配ないと考えている。

 高速増殖炉が実現できるのなら、まだ核燃料サイクルという夢も実現できるが、冷媒にナトリウムをつかうという致命的弱点をもっている。ナトリウムは水と激しく反応して爆発的に燃える。世界ではじめて実現された溶融金属原子炉はソビエト連邦で開発されたアルファ級原潜のみであり、増殖炉ではない。

 人間はエネルギーなしに生きてはいけない。かつては火をおこすことを覚え、エネルギーを得た。石炭、石油でより高いエネルギーを得ることも覚えた。だから、原発といった高出力の発電所を作る。しかし、真夏の繁華街の冷房といい、無駄な電力を使うから、こういうことになる。足るを知れば済むことなのだが、人間の欲は深い。

 火のような化学的エネルギーとことなり、原子力では核エネルギーをつかう。これを消防車で火を消すように簡単には事故に対処できないのである。原発、もう先はないのではなかろうかと思う。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/462-8d9e1ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2018 文豪ストリーキング all rights reserved.