FC2ブログ

ブッダ、仏教と量子力学

ここでは、「ブッダ、仏教と量子力学」 に関する記事を紹介しています。

初期の仏教がもっとも仏教らしい、もはや宗教と言うより哲学なのだが、次の一語に集約されると思っている。

「自分が今、ここで感じたことだけが現実である」

量子力学は物理であるが、「自分が見ているもの、感じているものだけが存在している」という解釈をする(コペンハーゲン解釈)。

良くにており、結局、人が真実として考えることなんて哲学であれ宗教であれ科学であれ変わらない。客観的に見る、ということは実は不可能なのだ。自分が感じたこと、見たことそれから直ちに結論できることだけが真実として認定される。

今、ここにいること、ここで感じることだけが事実であり、この先の心配事、他人がどう思っているか、世間がどうか、など、妄想にすぎない。

まあ、これをいきすぎて実行してしまうと、空気読めない人、ということになってしまうけど。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/528-73120dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2018 文豪ストリーキング all rights reserved.