FC2ブログ

小説

ここでは、「小説」 に関する記事を紹介しています。
ここにない小説は右のキンドル版リンク先にあります

以下、小説風にしたほうが面白いかと思い書いた。

---

『田舎者すぎてパパ活にひっかかってしまいました』

 わたくしは田舎者である。また、文章を書く前にいっておくが、若い女は苦手であり、どちらかというと分別ついたアラサー以降の女性のほうが好みである(んなこた言ったって仕方ないわけだが)。

 田舎者が東京に出ると言ったら上野である。いわゆるお上りさんである。

 しかしながら、わたくしはかつて国分寺にご厄介になっていたこともあり、上野経由であちこちに出張に行くわけで、自分にはお上りさんという意識は全くない。自覚症状なし、という状態は、病気にもよるが、例えばアルコール依存症なら致命的状況である。

そして、その日もわたくしは朝から東京に出張し、珍しく客先説明を首尾良く切り抜け、昼には上野を歩いてたわけだ。

 前から20くらいの女性が近づいてきて、ぷらぷらと歩くわたくしとすれ違いざまに言った。

「ごはん、一緒に行きませんか?」

 逆ナンであろうか。果たしてわたくしはモテるわけではない。誓って言うが「おっさん」であり、見てくれもよろしいほうではない。いぶかるのが通常の神経であろうし、いつもならそうしていたはずである。「はずである」、ここは強調せねばならぬ。わたくしは女性恐怖の気が少しあり、こういうのに慣れてないから危ないわけである。それを、まんまと昼飯を引き受けてしまった。

「ああ、いいけど」

「じゃあ、お小遣い」

 じゃあ、お小遣いってナンだそれは、と思うだろうに。わたくしだってそう思ったわけである。思ったところで承諾してしまった自分が情けない。昼飯代の釣りでもくれるのかと思って、わたくしは一万円札をわたした。煙草を切らしていてキオスクで調達したために小銭がなかったからだ。その女性は無言で万札をポケットにしまい込み、勝手に歩き出した。わたくしはのそのそと後をついていったわけである。この小文にて連発する言葉をまず吐く。情けない。

 勝手にその女がしゃべった。

「ご飯食べたら、上野でも歩こうよ」

「ああ、時間はあるからね」

 そのまま、妙にサラリーマンが通うような定食屋に連れて行かれた。何を頼むのか、と思って向かい席についたら、開口いちばん、

「とんかつ定食ね」

 と言うわけだ。それなりに行きつけらしい。

 それからである、無言で居るのも居心地が悪いから、多少は話をしたのであるが、彼女は上の空でメシをがっついてるわけである。妙に細い癖にずいぶん食うなとわたくしはおもった。

「おかわりね」

 なお、彼女はメシをお代わりしてるわけである。コイツはナンなんだろう。それについてった自分はさらにどうかしてるわけである。何か期待していたかと言えば、全くなかったと白状はできないが、どうにかしようなどとは思っていなかったのは事実である。

 ずいぶんと早食いでわたくしより、メシを早く食った彼女はスマホをいじくりまわしていた。まったく、目の前でスマホをいじくられるというのは気分が悪い。しかしながら、文句も言わずにメシを食っている自分がいるわけである。このありさま、まさに情けない。 

 ようやっとメシを食い終えたわたくしを見て彼女は言った。

「じゃあ、会計お願いね」

 なんだそりゃ。さっきの万札はどうなった。わたくしはもごもごと言ったが、周りの客の目もあるし、大体、若い女にカネを払わせるのもみっともない年である。

 会計が終わったわたくしを見て、彼女は一言いった。

「じゃ、またね、わたし忙しいから」

 あっ、と一言声が出そうになったが、彼女はメトロの階段を素早い動作で駆け下りていった。別に追う気にもならなかったが、はたとして思ったわけである。

 パパ活、そういえばどこかのウェブサイトで見たことがある。

 彼女は平日から働きもせず、おっさんがたにメシをおごらせて、そればかりか小遣いまで調達して生きているわけである。

 ストリート・チルドレン、という言葉はかなり昔にできた言葉であるが、逞しく生きるボンビーガールとでもいうのであろうか。その野生に、わたくしは男という生物の弱さを垣間見るのみである。

 言葉を失いつつも、わたくしは上野駅に向かった。

 帰宅してから、自宅でネットを調べているとそういう女性が都会には棲息するようである、というのは理解した。

 おまけに自ら引っかかる阿呆とか、ママ活とかいう言葉も飛び出してくる。

 そういう若い女性たちが、好き放題に書いているブログを見て、またそこにリンクされたSNSの内容を見たりしてまず呆れる。そして、相場は万札以上ということになってるらしく、出さないおっさんに対する嫌がらせ手法も書かれており、自分は幸運であったと思わざるを得ずも、しかしながら、自分にもこの世にも呆れかえるわけだ。

スポンサーサイト

 わたくしがあまり病んでなかった頃、割と調子のよいときに書いた、太宰調の本です。一部のかたにはご好評につき、宣伝まで。

第4話

 まだ、ある。

 例えばだ、高大一貫の理系学校があったりするわけだ。そこに入学したはいいが、次第に肉食化し、そろそろ二年、三年経つうちに男子学生を食ってしまう。同じ学校の男子を食ってるならまだよい。

 あろうことか、その手の映像作品に出てしまったりするのもいるわけだ。わたくしたちが彼女らの欲望の増幅装置として働いているかと思うと、若干悪い気もするが、どうやら当人はそう悪い気分でもないらしい。まあ、その手はそれでよい。

 で、真逆なのもいるのである。真逆というのをこれから説明するが、少々やっかいな説明になる。要するに、男子とばかり勉強したり遊んだりしてるうちに、男性化してしまうのがいるのである。そういう女子は、つるんでる女を見て「気色悪い」と思うようであり、とはいえ当人をはたから見て気色良いか、といわれるとそうでもない。

 まず、朝、長靴を履いて学校に来る。ジーパンはいて頭はボサボサのショートである。やおら、実験室の水道でじゃぶじゃぶと石けんで頭を洗い始め、「ぷはー、気持ちええー」などと言っており、片足を膝の上にのっけて椅子にのけぞってるわけだ。しばらくすると、コンビニで買った握り飯なぞ食い始め、ことのほかやる気なさそうに牛乳で流し込む。

 周囲の男子も彼女も単なる仲間だと双方思っているので、気にもしない。すると、その女子は夏というもあるのか、あー暑い、などと一言いって、Tシャツ一枚になったりする。その部分にプロテクターはつけていないため、すけすけであるが、周囲も動揺しないし、自分も気にしない。

 そんなことをしてるうちに、卒業の時期を迎え、企業に就職したりするわけだ。さすがにまずい、と感じるのか、容姿を整えたりし始めるがもはや遅い。考え方が完全に男化しており、意識改革からはじめなければならない。

 しかしながら、そろそろ三十過ぎになるとどうでも良くなるのか、再び元の状態に戻るわけだ。わたくしはそういう女子を部下にもったことがあるが、まあ気は楽であるが、ちょっとはどうにかせよ、と、言いたい言葉を我慢して、能力だけは優秀であるから持ち上げるわけである。で、いずれかは組織替えなどで、わたくしのもとからは去って行く。

 そうして、しばらくすると、結婚式の案内状が来たりするわけで、仰天するのである。まあ、そういうのが趣味の男性もいるわけで、仲睦まじいのであるから、どうこう言う問題ではないが。

 しかしだ、果たしてこれでよいのか、という疑問をわたくしは持ったりもするのである。
第3話

 化学の学生実験ではペアで実験することが多い。つまり、女子と男子のペアが発生することがある。

 これは彼女らにとって恰好の草刈場である。なぜならば、化学の実験ではピペットなるものがあり、薬品を口で吸い込むガラス管があったりし、いちいち拭いてから自分が使うのも相手に失礼なので、そういった触れあいが増えるからである。

 わたくしは器用であったゆえ、極めて短時間で実験を終え、自宅に戻って昼寝などしてるわけだが、中にはとてつもない不器用者がおり、これがまた男女ペアだったりするわけだ。実験が終わるまで帰してはくれないから、阿呆なことに深夜までやっていたりする。わたくしの学校は北の方にあり、冬の深夜は寒いし雪が数十センチも積もっている。なおかつ学内は林や原っぱであったりするので、帰宅に難渋するのである。

 彼、彼女は実験が終わると、大層苦労して原野を抜け、学外の街の中に出る。吹雪の日なんか、そこでもう歩きたくなくなるわけであるが、地べたに寝たら凍死してしまうのでとりあえず近い方の家に避難するわけだ。

 北国の家は強力なストーブとコタツのおかげで快適である。そこで、鍋などはじめようと女子が言ったりするわけだ。これはもう一種の罠であり、言われるがまま鍋なぞ一緒につついてそのまま泊まるわけだ。ここで、何が行われるか、わたくしには詳細に書けないわけであるが、簡単に言えば手込めにされ、丸め込まれてるわけであり、ようするに「そういうこと」である。

 その夜の感想について、当該女子からの報告により、学科どころか学部中の女子に翌日昼前までには伝わっており、みんなの知るところとなる。男子学生はかくして彼女の奴隷と化するわけであるが、それでやめておけばいいのにそうではない。

 実験ペア変えは、成績評価の上で不公平をなくすため、半期に一度実施される。そうしてまた新たなターゲットが犠牲者となるわけであり、報告の標的とされるわけだ。企業の四半期業績報告じゃあるまいに、定期的に成績を争ってるかのようであり、実に恐ろしいわけである。
第2話

 そんなリケジョたちであるが、男社会の内部にいると次第に集団化してきてメシもトイレも一緒に行くわけでる。気色悪い、連れションかよ、などと言ってはならない。報復攻撃を覚悟するというのなら話は別であるが。まあ、報復攻撃にもいろいろある。わたくしとて我が身は大事ゆえ、詳しく延べるわけにはいかないが、敢えて言うなら第二次大戦中のドレスデン大空襲のような一方的集団爆撃を受けるわけである。

 だいたいだ、トイレの内部で話なんぞはじめるわけで、それが大抵、誰かの悪口ときているからたまらない。彼女たちの声は次第に大きくなってくるわけで、「あははは!」などと人を嘲るような嬌声まで飛び交う始末である。

 トイレの隣はある教授の部屋なのであるが、

「あのハゲ、生理的に受け付けない」

「そーそー、臭そうだし」

 などと、当人が隣の部屋にいることなぞ忘れて話してるわけである。居室の教授はご機嫌斜めで、次は彼女らのクラスの講義である。全く、困るのである。なぜならその教授がご機嫌斜めのまま、講義を始めると大抵は男子学生に被害者が生ずるのである。

 当の教授がいうわけである。

「A君、君にとってこの方程式を導くのは実に簡単だが、黒板に書いてみてくれたまえ」

 その方程式というのは、解くのも難易度の高い微分方程式である。A君は答えに窮する。すると教授は言う。

「まったく、君たちはなっとらんね。勉強というものを甘く見過ぎだ」

 などと、のたまい、すらすらと方程式を解いてしばらくはA君を侮辱する言葉を投げつけるのである。A君にしても、すでに習ったことになっている方程式を解けなかったわけで、言い返しようがない。

 ところがである。これが女子であったらどうであろうか。

「うーーん、わかんなーい」

 それこそ、「○○細胞はありまーーす」みたいな声である。

「そうか、君にヒントをあげよう。この式は次のように変形して……」

 などと教授ときたらまるきり態度が異なるわけである。実に小癪であり、俗にいうのなら「しゃらくせえ」わけであり、かつなんともストレスフルなのである。
第1話

 わたくしは理系である。中学を卒業してからというもの、ずっと理系学校、製造業、研究職、ずうっとである。

 であるゆえ、当たり前であるが、女性は周囲にごく少ない。いまでも女性恐怖の感があり、妻と娘の異様に鋭い勘におびえつつ生きているわけである。わたくしの居場所はこの狭い書斎にしかないわけであり、リビングで落ち着くことなどできないのである。

 いまでも、と言ったゆえ学生時代はことさらである。学級には女子は数人ほどで、大モテなのである。なので、彼女らが(最近ではこの言葉はセクハラ、なる用語にて激しく糾弾されるゆえ、使いにくいのであるが)醜女しこめであろうが、性格に問題があろうが、ちやほやするわけである。

 このような過程を経て、彼女らは実に堂々たる肉食獣に変身するわけである。わたくしは実に恐ろしい、そうおもう。思うだけならよいのだが、どうやら行動にも出ているらしく実に“してやられた”という指摘を受けたりするわけで、余計に被害妄想に陥っているわけである。

 わたくしの学級には数名の女子がいたが、学生期間の間に、まあ、次から次へとクラスの男子を食っていくわけで、それはまた驚異というべきである。人を「草食野郎」などと罵る前に、君たちの行動はいったいなんなのだ、倫理はどうなっているのだ、そう指弾したいわけであるが、実際にはしない。

 かくして、理系学校は野生の王国のような体をなすのである。ナショナル・ジオグラフィックのビッグキャット・スペシャルみたいである。最近では、「驚愕!戦慄!野生動物の決定的瞬間 総集編」というのを見たがそれである。

 いや、恐ろしい。
 わたくしは犬を飼っている。種類は中型あるいは大型とされるゴールデンレトリバーである。

 こやつが、また見た目には頭が良さそう、だの、優しそうだの言われるのであるが、そうではないのである。こやつのずる賢さときたら、そこらの小僧の比ではない。実に綿密に作戦を練って、イタズラやら食い物強奪とやらを引き起こすわけであり、そのくせ、妙に人懐こく、人間に取り入るスベを身につけている。

 今朝もまた、ヤツのお散歩とやらに付き合わされた。行かないとしつこく催促されるわけで、わたくしは休日の朝くらいゆっくりしていたいわけだが、人のベッドにもぐりこんで起こすわけである。それでも飼い主が起きないとわかると、自分で引き綱をくわえてきて、やたらと吠えるのである。

 ここで、ヤカマシイ、とかぶち切れてはヤツの思うつぼである。反応したら、チャンスとばかりに抱き着いてくる。そこでもう負けなのである。

 散歩から帰宅するとメシである。ドッグフードは飲み物である。一飲みにして水で流し込むと、ソファにごろんと転がってサッカー中継とか、テレビを見だすわけだ。実況が「ゴォール!」などと叫ぶとコヤツも、「ワォーン」とかいって興奮したりもするが、大体のうちはソファに寝そべってるうちに寝てしまう。

 ヤツが寝ていようと起きていようと、わたくしだって昼には外出したりするわけで、そうするとヤツは退屈してきてしまいにはイタズラを考案するわけである。この間の事件は次のとおりである。

 わたくしは昼に外出することになり、家を空けた。ほんの数時間である。そして、帰宅し目を疑ったのである。巨大なソファがない。そればかりか、部屋の真ん中に発泡ウレタンの山が一つ存在してるのである。その山は実に巧妙に切りちぎられた大量のソファのかけらである。ヤツは得意気にそれをわたくしに誇示してるのである。

 わたくしは怒る気もなくし、へたりこむのみである。そうしたら、ヤツは妙に神妙な顔をして、悪いことでもしたのか、とやっと気づくのである。しかし、反省の時間はそう長くはつづかない。ポジティブシンキングが身についているのか、立ち直りも早く、夕方には気づかぬうちに一番風呂につかってる有様である。

 この犬種は妙に人間くさく、わたくしは一度、本当にどこかにジッパーがついているのではないかと猜疑さいぎをいだき、ヤツをひっくり返して捜索したわけである。

 嫌がるヤツを仰向けにしたままわたくしは長い毛をかきわけた。しかして、ジッパーは存在した。わたくしはやっぱりか、と思った。思い切りジッパーをあけてやるぞ、と意気込み、その線をまさぐるとそれは子犬のころに実施した、虚勢手術の痕であった。

 だが、ジッパーがなかったとして、コヤツの内部に誰かが潜んでいるやもしれず、あるいは米国の情報捜査機関の手先かも知れぬ。パソコンのパスワードとか見て、それを中継してはいまいか、などと疑念をいだきつつも、まだヤツと暮らしてるのである。


文学が売れなくなり、ずいぶんと経つ。

他のメディアが情報源、娯楽となれば当然のことなのだが、まだ昔の文芸誌のまま名前も変えずに発行してる雑誌もある。

何が、文芸だよ、やってることは暴露本低俗誌のくせに。

 わたくしのブログを読んでいるかたも数少ないとは思うが、以前に「独白」という小説をだした。

 正に、「独白」=毒吐く、なのであるが小説サイトでは太宰風の文体もあり、一部でうけた。

 それを久しぶりに、書きたいのだがもう夜。寝る時間を過ぎてる。

 また、そのうちに。

 出版するよりも小説サイトに出すべきものだったかも知れず、あまり売れてはいない。

 低炭水化物療法をやっている。神経科のすすめです。本はリンクの通りです。特にアルツハイマーに限らず、人間にとって糖質、とくに穀物は取り過ぎの傾向がある。

 原始生活、社会で大量の穀物が得られたはずがなく、木の実や肉、食草などが主な食料源だったはず。穀物が大量生産されるようになって人口が爆発的に増えた、というだけの話で人間の生活の質、精神的活動が向上したわけではない。



copyright © 2006 2019 文豪ストリーキング all rights reserved.