FC2ブログ

創作小説 (空沼岳 北海道の春)

ここでは、「創作小説 (空沼岳 北海道の春)」 に関する記事を紹介しています。
ここにない小説は右のキンドル版リンク先にあります

五月になり連休になった。私は貧乏学生でやることもなく、アパートでやるせなく過ごしていた。ふと、山岳地図を見ていて、ここ行ってみようか、と思う山があった。「空沼岳 湖水と森林をたたえた美しい山」というタイトルでガイド本にものっていた。ただ、一人で行ってもつまらない。近くに三田村のアパートがあるので、聞いてみよう。彼女もいない三田村、どうせ暇に違いない。

三田村の家に勝手に入っていったら、昼飯を作っていた。「一緒に食べるか?」と聞く。「そうしてくれるとありがたいよ、仕送りがもうなくて」「じゃあ、炒飯ということで」「なんでもいいから食わせてくれ、それからちょっと話があるから」「ご飯たべながらでいいっしょ」
ということで三田村に食料配給を受けながら、私は山行のことを話し出した。

「だからね、南区なんだけど、ずっとサイクリングロードが豊平川に沿ってあるわけだ」「それで?」「三田村、山に行きたいというからさ、一緒に行こうよ」「疲れるの?」「大したことないって」怯える三田村に地図を見せて説明した。豊平川に沿って自転車で南下し、そこから外れて、切り崩し場の方に向かう。25kmも行くとその近くに実にきれいな小川がある。小川があるのはこの山が、水が豊富だという証拠だ。しかもこのゴールデンウィーク、暇だろ、と説得を続けた。そして、この山には二つの湖がある。それも実に美しいのだ、一つは万計沼、もうひとつは真簾沼という。空沼というのもあるが、ルート外なので今回はやめよう。ゴールデンウィークだし、軽装で雨合羽でも着ていこう。どうせ濡れるんだから運動靴でいいだろうと。

三田村は炒飯をぐぶぐぶと食いながら、私の話を聞いている。「そう、じゃあ、湖じゃなくて沼なんだね」「沼とも言えないくらいきれいなんだよ」「で、面白いものとかあるのかな」「お前の好んでやまない、シマリスがいっぱいいる」「熊でないよね」「出ないって、こんな人の通るルート」ようやく三田村の説得に成功した。

スポンサーサイト
平成の大合併前、札幌市は日本でも有数の広さをほこる市であった。たしかに都市ではあるのだが、南区とよばれる地域はほぼ山林と平原からなる部分が多く、手付かずの自然が残っていた。よくキタキツネが歩いていて、観光者が餌をあげるものだから、犬みたいになついてるのもいた。ヒグマが出没したこともあったらしいが、これは怖いらしい。ツキノワグマなんて目じゃないほどでかいのだ。そんな、南区も観光開発が進みつつあり、サイクリングロードの整備や学校の敷設が実施されてきた。

空沼岳はそんな南区にあり、都市近郊の美しい山として愛好者は多かった。その割にはアクセスが悪く、相変わらず自転車とかバイクで行く若者も多くいた。私たちは貧乏だったので、バイクなど持っておらず(持ってはいたがまともに動いた試しがない)自転車でどこへでも行った。三田村は生意気にもスポーツサイクルを持っており、こちらも負けじと中古屋で値切ってスポーツサイクルを購入した。今なら捨ててあってもおかしくないほど酷い代物ではあったが。

次の日の朝、三田村がうちに来て行こう、というので朝も早かったが行くことにした。ペースの遅い三田村が付いてこれるか心配だったからだ。三田村は長そで長ズボンにシューズ、私も似たようなものでコッフェルとガスストーブは持って行った。日帰りなので、デイパック一つで身軽である。北区から南区に行くのは、当時は駅を大きく迂回しなければならず、交通量の多い道を走ったため、自然とは別な意味で怖かった。しかし、すぐに札幌市を流れる豊平川沿いの自転車ロードを使い快調に目的地を目指した。どう見ても三田村の自転車の方ができが良く、追いつくのに苦労した。さらにサイクルロードを離れ、山の麓に到着した。「ここらに自転車停めよう」「そうだね、それにしても誰もいなそうだけどどうなんだろう」「季節がちょっと早すぎたかな」「だってさあ、山見てよ、雪だらけだぜ」なんとなく不安になってきた。


私はまずかったか、と道端に残る雪と大きくなりつつはあるが、まだ原型を留めているフキノトウを見ながらそう思った。「三田村さあ、ちゃんと雨具はもってきたよなあ」「当たり前だろ、君が持ってこいと何回も言うから」「ああ、それさ、今のうちに来た方がいい」「なんでさ」「そのうち分かるから。俺も着る」私たちは雨具を取り出して、着用した。なぜ、着ろ、といったかといえば、思ったより寒そうだ、というのと、樹上から溶けた雪が雨のように降ってくるとわかったからである。ほかにも水をかぶりそうな箇所がある。三田村、悪い、今回はちょっと時期が早かったみたいだ。

私と三田村は登山口の小さな橋を渡り、登挙を始めた。春の日差しが眩しい。眩しいのは日差しばかりではなく、点々と、というよりはかなり土と雪とが半々で構成される地面からの反射のためでもあった。「三田村さあ、替え靴下もってきたよなあ」「ああ、持ってきたよ。それだって、君が言うから」「そうだっけ、俺昨日、君んちでかなり飲んでたから」「あんなに飲まれるとは思わなかったよ。せっかくフロム・ザ・バレル買ったのに空にしやがって」「空だったか、悪かったよ、金なくてさ、飲んでないんだもの」そんなに飲んでたのか、まあ、いい、今日はこいつを連れてきてやったということで。息の切れる急坂が始まるとともに、道を雪解け水が流れだしてきた。たちまち二人の靴はびしょ濡れになった。

札幌市には真駒内という地区があり、それなりに発展している。その真駒内に流れ込む真駒内川の上流が私達が歩いている道のそばを流れていく。もっとも支流の一つだ。これだけ水源を抱えていれば数多くの支流を持つ。空沼岳は水の豊富な山でブナやニレが豊富に生えている。生物も多様で、リスが非常に多い。もっとも臆病なエゾリスは見かけない。図々しいシマリスは人によくなつくので多く会うことができるが。水源はこの雪解け水、というわけだ。

目指す万計沼までは急な坂が続き、上部には何か所か渡河する部分もある。渡河といっても、大したものではないが、増水すると渡るのをためらわれることもある。一番、増水している可能性が高いのが中腹あたりの川であり、最後の万計沼手前ではほとんど沢登りのようになることもある。その年によって変わるので、なんとも言えない。

「三田村さあ、濡れるのやだよな」「さあ、場合と量によるよ」「まあ、どうせ濡れるんだし、着替えもあるしな」あらかじめ三田村の意思を確かめておかないと、途中で降りるといわれても困るわけだ。果たして、中腹の渡河箇所にさしかかった。河の水は以外に少なく、古い木橋の上を渡れば、それほどに濡れなかった。なんとかなった、と私は思ったが、同時にこれは山頂付近の雪解けが遅いことを意味する。万計沼まではいいが、そこからは想像もつかない。

渡河を終えてから、暫く歩き、ようやく万計沼下の最難部に到達することができた。いつものことだが、ここはぬかるんでいて、かつて滑落していった人を見たことがある。滑落といってもたいした岩場もなく、怪我もそれほどではなかったが。とにかくツルツルとしていて、しかも濡れているから歩きにくいわけだ。三田村の表情が険しくなってきた。「あと、十メートルも登れば平地だよ、頑張れ」三田村は無言で格闘中である。登山靴を岩の角に引っかけて私は先に登り終えた。三田村も続いた。「おおー。すごいじゃない」「結構ね。でも真簾沼の方がもっときれいだよ。万計小屋の階段で一休みしよう」「分かった」二人でタバコを吸いながら、一服していた。疲れもとれてきて、周囲を見渡す余裕もできた。それにしても静かだ。今日は誰も登っていないのだろうか。だが、私は静かな理由に気がついてしまった。だが、三田村には言わなかった。「三田村、ビール買ったか?」「買ってないよ」「馬鹿なやつめ」「いらないもの」「山頂に着いたら飲みたくなるに決まってる」「そうかなあ」そんな話をしていた。



youtubeから動画をお借りしてきました。とても水が豊富な山です。真簾沼の美しさもよく表されている動画と思います。樹種は標高の低いところではブナ、ニレ、シラカバが目立ちますが、標高が高くなるとカラマツが多くなります。万計小屋(正式名称は万計山荘)はかつて二つあり、おそらく一つはもうないと思います。札幌近郊には多くの個性的でうつくしい山、湖があります。
 

tateishicl様ご作成



万計沼から目指すのは真簾沼である。距離はたいしたことはないが、登りは続く。まず、登山道をあるいていって、私は驚いてしまった。「しまった、これ冬山だよ」声には出さなかったが、カラマツの梢が低く見えることから見て、積雪は最大で十メートルはあるかもしれない。かんじき、という雪に沈まないようにする道具があるが、それが必要なほどだ。一歩ごとにズボッと足が雪にはまり込む。三田村はそんなものと思っているみたい。そのうちにそれどころではなくなってきた。ラッセルをしないと前に進むことができない。ラッセルとは小刻みに足を前に進めて雪を踏み固めていくことだ。体力をたいへんに使う。

そのうちに下ってくる方が見えた。挨拶をして話をした。「まだ、雪ありますか」「そうだね、まだ雪解けはこれからだね。そんな靴で大丈夫なの」「あ、いえ」私は答えに窮した。大丈夫とは言えない格好だ。防寒着はあるが、もし天候が崩れたらとてもまずい。それほど深い山ではないのですぐに帰ることはできるが。しまった、これから尾根までラッセルか。会った方もかんじきを履いていた。

登り坂は緩やかになってきたが、さらに雪は深くなり、ラッセルだけで大変になってきた。三田村には前を任せられない。すぐにバテてしまうだろう。真簾沼までの距離は近いはずだ。もう少しの辛抱。

とても長い時間ラッセルをしていたように思うが、たいした時間ではなかったようだ。林間から真簾沼が見えてきた。三田村はまだ気づいていない。下を見ながら歩いているから。急に景色が開け、岩だらけの湖畔があらわれた。「三田村、ついたぞ、見ろ」「おー。すごいね。こんなところがあったんだ。それにしてもしずかだねえ」「まあ普段でも静かだけど、雪があるから音が余計聞こえないのさ。休んでいこう」「そうしよう」

二人は景色に見とれていた。本当にこんな景色が目の前にあるとは思えない。大きめの岩がごろごろと湖畔にあり、水辺には小さなエゾサンショウウオが泳いでいる。孵化したばかりなのかもしれない。快晴で暑くもなく寒くもない。対岸にも岩が見え、そこから植生が広がり、湖面に映っている。実にいい気持ちになってきた。

ルートは真簾沼を巻くように繋がっており、尾根への上昇ルートとなる。暫くは、真簾沼の景色を眺めることができる。上昇もそれほどしなくてすみ、尾根道になる。助かった、と私は思った。尾根は雪が少ない。ラッセルをしなくてすむのだ。快晴でときどき雲が飛んでいく。今日はとても幸運だった。

尾根道は歩きやすく、割とすぐに頂上へのとりつきにかかった。岩場になっているが大したことはない。二人はやがて頂上に立った。札幌周辺の山々がもうパノラマのように広がっている。あれは、羊蹄山、そして市街、とにかくも眺望がよい。しかも頂上だけ突出しているので自然の展望台だ。足下にはシマリスたちがよってきて、餌を要求している。こいつらは油が大好きで、登山者の唐揚げなどを普段から食っている。エゾリスと異なってかなり図々しい。見た目はかわいいのに。三田村がやたらとシマリスと戯れている。シマリス、好きだよなあ。

頂上はちょっとしたツインピークになっており、一番高いところと逆側も少し高くなっている。私は積雪をビニル袋にいれて、冷やしておいたビールを飲み始めた。果たして、三田村が飲みたそうにしている。昨日、食わせてもらったお礼として、コップに入れてあげた。三田村はおいしそうに飲んだ。ビールを飲んだら、果たして小便がしたくなってきた。大変に失礼ながら、低いほうの岩場から、市街に向かって小便をした。誰も見ていない。いい気分だが道徳的には問題ありだろう。

ずいぶんと頂上で景色を堪能した。
帰りは下りなので、飛ぶように歩いて行く。三田村が先頭になり、さっさとくだっていく。真簾沼を抜け、ラッセルで苦労した雪原も、すでにラッセル跡があるから、歩くのはらくだ。三田村は私の苦労なんて知らずにさっさとラッセル跡を下ったいく。万計沼にもやがて到着した。「休もうか」と私がいったが三田村は「気分がいいから歩きたい」という。そのままペースをまかせることにした。

帰り、勢いよく歩く三田村を見て、滑らなければいいのだけど、と思った。果たして彼は見事に滑り十メートルほど腰で移動していった。怪我もなく、本人は笑っている。笑い事じゃないんだよ、はしるなって、と私はおもった。

その後は快調に登山口まで降りることができた。足が痛くなってしまい、登山口の川で靴下を脱いで足を冷やした。驚くほど冷たい、当たり前でそれは溶けたばかりの雪解け水だからだ。すぐに足を引っ込めた。三田村は靴下だけ取り替えた。

帰りの自転車も下りなので、素晴らしい速度で市内に向かっていく。市街はたしかに難渋したが夕方には二人とも帰宅した。

翌日、私は筋肉痛でほとんど動けなくなってしまった。三田村が私のアパートに来て、「ぼくは下りが得意なんだ。足も痛くない」と主張する。それは痛くないだろう、君はラッセルをしてないからだよ、といいかけて黙った。二人でテレビを見ながら、昨日のことをあれこれと話した。三田村とは何回か登山に行った。卒業後、彼は北海道に残り私は本州で働いた。親友ではあったが、距離が離れて時間がたつと、連絡をとることもなくなってきた。いつも彼の笑顔をおもいだす。



短いですがこれでおしまいです。ほかにも北海道の山によく行きました。低山でも非常に美しく、心にのこっています。
copyright © 2006 2019 文豪ストリーキング all rights reserved.