FC2ブログ

読書および感想

ここでは、「読書および感想」 に関する記事を紹介しています。
ここにない小説は右のキンドル版リンク先にあります

 今から、15年程前に、呉エイジ氏、と言う方が「我妻との闘争」という著作を自身のHPに書いており、よく読んでいた。著作が出版されて購入したこともある。

 当時はブログというものが出かける手前の時期で、彼の著作は面白く、同時期に「鬼嫁日記」が売れていたこともあり、私も読んでいた。

 彼のブログがFC2にあるということを最近、知った。

 ブログを読んでみると、あんまり楽しそうではない。そこが残念ではあった。

 呉エイジ氏が書きまくっていたころは、実に楽しそうにしていたのに。

スポンサーサイト
今どきの子どもたちに好んで読まれる本は、怪傑ゾロリ、とかエンターテインメント性があるものだ。

昔はどうかというと、やはり十五少年漂流記とか同じだと思う。

説教、教訓ばかりでは読む方は嫌になる、相手は子どもなのだし。

しかも、実感のない内容である。

読ませたい対象層がそんな本よむわけないじゃないか、と思う。


予想通りの内容であった。

倫理・道徳の時間にごく短い部分を抜き出して、教科書に載せるなら問題ないが、全編全書を通じて偏見と押し付けを感じ、時代のせいというのもあるのかもしれないが、思春期の子が読んでよいものとは思わない。

善悪とか考えさせるならジュールヴェルヌの十五少年漂流記、の方が良い。または中学国語で使われる、漱石のこころとか。
他にも芥川龍之介の蜘蛛の糸なんかの方がいいのではなかろうか。
太宰治の走れメロスは作者の強烈な皮肉である、と今では思っているが、文章からはそう見えないので良いかもしれない。

当時の上流階級向けに書かれたものであるためか、普遍性を感じられない。そこがよろしくない、と思う。

copyright © 2006 2019 文豪ストリーキング all rights reserved.