FC2ブログ

小説 別編 摩天楼は灰色だ

ここでは、「小説 別編 摩天楼は灰色だ」 に関する記事を紹介しています。
ここにない小説は右のキンドル版リンク先にあります

第1話 不思議な出会い

 その風俗店は「パラダイス」という、ごくありきたりな名前で繁華街の場末、裏通りにあった。ありがちなことに、表通りではなく裏通りに何軒か並んで同じような店がある。


 私は特に酒を飲んでいたわけではない。帰宅途中に、ついふらりと入ってしまったのだ。私は既婚だが、妻とは相性が悪く随分と接触していなかった。そんなこともあったかもしれない、あるいはそうではなかったのかもしれない。


 店内に入るとやけに愛想のいい中年男が


「いらっしゃいませ、いい子たくさんいますよ、お客さん、写真だけでも」


 と勧める。私はなんとなく、ごく地味そうな20代後半、と書かれた「まゆ」という女性を選んだ。特に声も出したくなかったので、手で指しただけだ。このような店に入ったのも、若い頃以来二回だけだし、慣れていなかった。中年男は言った。


 「何分コースにしますか、この子ならロングコースがよろしいかと」


 「何分まであるんですか」


 と私。


 「そりゃ、お客さんのご要望に応じていくらでも、なんですけど、そうですねえ、短いところで50分、60分、あと120分とか。二つコースをつけるともっと長くできますよ」


 とくに帰宅してすることもなかったので、私は「120分でいい?」と答えた。


 「それでは準備がありますから、待合室のほうでどうぞ。それほど時間はかかりませんから」


 果たして、「まゆ」なる女性は売れない子のようで、五分もしないうちに中年男から呼びがかかった。


 「まゆさんのお客様、準備できました。どうぞ」


 「はい...」


 私はおずおずと立ち上がり、中年男の後ろについていった。カーテンの前で、中年男は禁止事項をひとしきり述べた後で、カメラの方を向いてくれ、と言った。どうやら、女性側の知り合いであったり、いやな客でないか確認しているようであった。カーテンの後ろには女性が待機しているようであった。

 

「では、お客様、まゆさんです。どうぞお楽しみください」


 私は、まゆなる女性に軽く挨拶し、まゆも挨拶した。

 

「さ、行きましょう。手をつないでね」


 事務的な感じでまゆは言い、手をつないで個室まで連れて行った。

 

「このお部屋になります、どうぞ」


 まゆはドアを開けて私を招き入れた。


 部屋の中で椅子に座り、まゆとたわいもない会話をした。やがてまゆがごく自然な形で抱きついてきた。そういうものなんだろう、と私は思った。まゆは唇で私の唇を塞ぎ、しきりと舌を使った。私もぎこちなく応じた。しばらくそうしているうちに、まゆは手慣れた様子で私を脱がせ、自分の衣服も脱いだ。


 「シャワーにいきましょう」


 まゆは言った。まゆは少しだけ笑みを浮かべた。


 「お客さんみたいにおとなしい人、めずらしいね」


 「そうなの?」


 「そうね、このあたり飲み屋街が近いから乱暴な男が多いの」


 「そう」


 まゆはシャワー室の灯りを明るくした。まゆは思ったより清楚な感じで、ごく普通のOLのようにさえ見えた。美人というわけではないが、地味ではあるが一見真面目そうな顔をした、プロフィールにあったのより少し年上、30くらいの女性のように見えた。


 「どうしたの?」


 まゆが言うので、おずおずとシャワー室に入った。うがいをし、体を洗い終えると、まゆは私にタオルを渡し、少し待つように言った。私はシャワー室から出て自分で体を拭いた。まゆは自分の体を手早く洗うと、すぐにシャワー室から出て言った。


 「ごめんね、私が拭かなきゃいけないのに」


 「ああ、いいよ別に」


 「そう」


 まゆはしきりとタオルで丁寧に私を拭いた。そして、ベッドに仰向けになるよう私に言った。それから、まゆはひとしきりのサービスを始めた。やがて、私がそれほど興奮しているわけでもないと気づくと、随分と一生懸命にサービスを始めた。その刺激に、私も久しぶりの感覚を想い出し、すこしだけ酔った。あっ、と思ったときには私は果てていた。まゆは言った。


 「もっと楽しまないとだめじゃない、我慢しないと」


 あたりを清めながらまゆは言った。


 「いや、久しぶりだったし、少しだけ好みの女性だったものだから...」


 「まあ、お世辞うまいね。あなたもイケメンじゃない、こんなとこに来る必要あるのかしら」


 「だって、堂々と浮気するわけにはいくまい」


 「真面目さんなんだね」


 「そうではないから、ここにいる」


 「誰でも同じなんだって。どこかのお偉いさんも堂々と来てるよ。だから、あなた真面目だって言ってるの」


 「そう」


 「こういう場所でしょ、人によってキャラ作ったりとかね、結構疲れるのよ。でも、あなたは、そのまんまで良さそうな感じだったから楽だったし」


 「普段は何やってる人なの?」


 「そうね、事務よ。つまらないけど」


 「そう。これと両方では疲れてしまうね」


 「まあ本業はお給料が安いし。それに、ごくたまにあなたみたいな人が来るとうれしいし」


 「...」


 「お世辞じゃないよ。結構タイプだから、余計に力はいっちゃったかな。早くさせてしまってごめんね」


 「いや、いいよ。まだ随分時間余ってるね」


 「よければ二回戦とかもしていいことになってるよ」


 「もう元気ないよ、話でもしよう」


 言ったとたんに、まゆは私に押しかぶり、接吻をしてきた。私はまゆの背に手を回して抱いた。


 「なんか、ほっとするのよね、あなた」


 「そう、なんでまた」


 「なんでかな。分からないよ。私もそんなこと思ったことないから」


 「既婚でこんなことして、いいのかとも思ったりするよ」


 「そんな、男なんてそんなものだってここで分かってる」


 「そう。このあたりの人なの?」


 「うん、まあわりと近いよ」


 「随分と正直に言って、大丈夫なの」


 「信用できるかできないかって、女には分かるんだぁ。たくさん相手してきてるし」


 「そうだろうね。僕もその中のひとりに過ぎない」


 「そんなことないよ」


 「まぁ、商売がらだからお世辞はいいよ」


 「そんなことないって、言ってるでしょ!」


 まゆは少々怒りを帯びた調子で言った。まゆの目と私の目が合った。まゆは見つめている。


 「分かるでしょ、うそじゃないって」


 「ああ」


 「もう一度だけ、キスして」


 「いいよ」


 また接吻をしたが、まゆは随分と私をきつく抱いた。応えるように私もまゆの中肉のほどよい体を抱きしめた。


 「こういうの、するのより好きなの」


 まゆは言った。


 「僕も嫌いじゃないよ。むしろ」


 「抱き合ってるだけでいいの?何かする?」


 「しなくていいよ」


 「優しいんだね。もっと抱いて」


 私はまたまゆをきつめに抱いた。まゆは、私のあちこちに手を伸ばし、仕舞いには私に体全体をくっつけて感触を楽しんでいるようにみえた。そのうちに、まゆの動きが変わってきた。私を押し倒して自分からし始めた。まゆは5分もしないうちに、体を震わせて果てた。そのまま私たちはじっとしていた。


 「こういうの、してはいけないのでしょ」


 私は言った。


 「私がしたかったから、しかたないわ、ごめんなさい」


 「あやまらなくても」


 「そんな気なかったんだけど...」


 そのままの状態で二人で抱き合っていた。まゆは続けた。


 「ほんとに、そんな気なくて。中には客がほしくてそういうことする子いるらしいけど」


 「まあ、いいよ」


 「ごめんね。もしかして痛くしたりした?」


 「そんなことない」


 「夢中になっちゃって、ほんとにごめん」


 まゆはこの手の女性に似合わず、随分と恥ずかしそうにしていた。まゆは私の手を握った。


 「あんまり男の人にやさしくされたことなくって」


 「こういうところでも、優しい人はいるんじゃないのかな」


 「まあ、おじいさんとかはね。でも、あなたはそうじゃないから」


 まゆは続けた。


 「私はね、ほんとは祐子っていうの。ほんとだよ。一度結婚したけど、うまくいかなくて」


 「そう。可哀想に」


 私も名だけ名乗った。自分だけ言わないのも卑怯だとおもったからだ。


 「とても乱暴な人で。もう耐えられなくなってしまってね、自分から出ていって、その後手続きをしたの」


 「そう、でも好きだったのじゃないの」


 「いや、それほどじゃない。でも強引だからなんとなく」

 

 祐子は割と流されやすい人なのかもしれない。そう思った。


 「あのね、今日はこれであなたが最後なの」


 「そう」


 「よかったら、少しだけ飲むのに付き合ってほしい」


 「いや、お店に怒られるから...」


 「いいんだって。プライベートなんだから。じゃあ、福町の角にあるコンビニで待ち合わせね」


 「あまり遅くまでは無理だけど」


 「いいよ」


 「わかったよ。たのむから美人局とかはやめてほしいんだけど」


 「そんなことするわけないじゃない」


 祐子は今回は怒り顔をしながら、言った。


 「あそこなら、店にも分からないわ。いい、時間も決めてちゃんと約束しよ」


 「わかった」


 年がいもなく、約束ゲンマンをさせられた。その後、着替えて店を出た。


 「ありがとうございます、またのお越しを」


 店員の声が暗い街路に響いた。
スポンサーサイト


 私はコンビニで食べ物を物色したり、雑誌を読んだりした。こんなことになってしまって、自分はどうかしてる、と私の頭をかすめるものがあった。そんなことを考えているうちに、祐子が横にいた。


「待った?」


「いや、10分くらいだから」


「そう、ごめんね。どこかいいところとか知ってる?」


「じゃあ、少し表通りになるけれど、バーでいい?」


「いいわ」


「じゃあ、行こう」


 祐子はやたらと私の手をまさぐり、手をつなぎたがった。人目もあるし、どうしたものかと私は思った。すぐにバーについた。


「たまに、来る店だよ」


「そう、いいね。入ろう」


 二人で店に入り、カウンターに座った。ここは、正直にいって流行ってはいない。だが、マスターが無口でジャズの音楽が気に入っていた。


「何か飲みたいものはある?」


「マルガリータ、がいいかな」


「じゃあ、マルガリータとジンフィズ」


 マスターは黙って酒を用意している。


「あのね、私はあなたみたいな人、ほんとはね、私とは無縁だったしね」


「僕がどういう人か、祐子さんは分かってないんじゃないかな」


「分かるんだ。女には、そこまで見えちゃうんだよ」


「そう、不思議なものだね」


「奥さんは?心配してないのかな。帰りが遅いとか」


「いつも仕事で遅いし、もう、話さえしばらくしてない。夜も一人で外食だし」


「そう。あなたも可哀想な人ね」


「そんなもんだろう。人間、だれしも一人だって」


「そうじゃない、ってあたしは信じたい」


 祐子は私の二の腕にしがみつきながら、そういった。


 「一人で生まれて、人に裏切られて、そうして一人で死んでくのが人ってものさ」


 私は半ば皮肉めいた笑いを浮かべながら言った。祐子は悲しそうな顔をして言った。その後はかなりのグラスをからにした。


 「そんなことない、何か楽しいことがあればこその命じゃないの」


 「そう。それは人の考えによるかもね」


 実際のところ、私は人生を楽しんでもいないし、ただ、ただ苦しいものとしてしか受け入れられない、そういう人間だ。


 「こうしていて、私は楽しいわけ、わかる?」


 「ああ、ごめん、僕は祐子さんの気持ちにこたえられていないかもしれない。僕は君を金で買おうとした人間だ」

 

 「男なんてそれが楽しみなのじゃないの!なにいってるの、ちょっとは自信もってもいいんじゃないの」


 「そうか」

 

 「いい、私は今、今この場が楽しいの。わかるかな、分かるまで飲む?」


 「いやそいつはちょっと」


 「だって、今日金曜日じゃない、朝まで飲んでいたっていいのよ。あなたの奥さんだって放ったらかしな訳でしょ」


 「そうだけども、祐子さんはどうかと。明日も仕事だよね」


 「明日はやすみよ。まったく、事前にちゃんと店のページを見てから来るものなのよ、誰それがいつ出てるかとか」


 「そう」


 祐子はにやにやとしながら、私を見ている。何か考えてるのだろうか。まったく、女というのは分からない。


 「はっきり言って、あたしはもう下位クラスで暇なほうの女なの。そんな子に声かける人もいるけども、ま、そういうのに限ってどうしようもないやつよ」

 

 「どうしようもない、って。僕だってそうじゃない」


 「いや、そんなことない、いきなりやられちゃったりとか、ひどいものよ。もちろんお店に通報して、場合によっては警察沙汰だわ」


 「そんな怖いとこだったんだ」


 「だから、あなたの場合は、私が襲っちゃったので、それはまた別。私が通報されるほうよね」


 随分と生気を取り戻したように祐子はにやにやとしながら、言った。


 「ねえ、襲われちゃったりするのって、どう?」


 「どうもこうも」


 「ははは、面白い。なんか面白い」


 私は黙って、祐子の笑顔を見ていた。


 その晩、酔い潰れた祐子をアパートまで背負っていった。


 「祐子さん、着いたよ。毛布あったらちゃんとあったまって寝るんだよ」


 「あーに、いってんだよ、まだ、かえっちゃだめだめー」


 酔っ払っている。このままでは吐くだろう、そう思ってアパートに入ってトイレに連れて行った。急に祐子が我に返ったようにいった。


 「うそだよーん。ちゃんとしてるもん。今日は泊まって、いっしょに寝よ」

 

 「うーん」

 

 私はしばらく考えた。祐子は甘え声を出している。


 「へんなことしないって、約束してくれ」


 「女じゃあるまいに、なぁにがヘンなことよ。もう襲ったりしないから」


 「わかった」


 「いっしょに温め合って寝るの」


 「いいよ。そうしよう」


 その晩、祐子のアパートに泊まり二人で抱き合いながら毛布で寝た。その毛布は都会の中の小さなシェルターのようにも思えた。様々な害を与える都会の夜、その害から守るシェルターのように。




 翌朝、7時には起きた。すでに祐子は起きていて、朝食を作っている。久しぶりに女性が料理している姿を見た。妻はいつも寝ている時間で、私は電車に間に合うよう出かける時間だ。今日は土曜なのだが、いつもの調子で時計を見てしまう。


 「ごはんできたから、食べていってよね」


 祐子は言った。


 「そこまでしなくてもいいのに」


 「少しは張り合いが出たから作ってるのよ。いつもは寝てる」


 「そう」


 私はぼそりと言った。1Kのアパートで、いかにも一人住まいの女性の部屋だ。こぎれいにしているところを見ると、普段から几帳面なんだろう。ウチではいつも私が夜中に片付けをしている。それが終われば自室で仕事をしたり、本を読んだりしている。


 大体はこの繰り返しの日々で、ずいぶんと妻の顔も見ていないような気がする。娘は早くから全寮制の学校にいってしまったので、自宅は妻と私だけで住んでいる。二人住まいのはずなのに、それぞれに好きにしていて妻はリビングでテレビを見てから寝ているようだ。


 妻には男がいることも私は知ってはいるが、家に連れ込んだりはしないからそっとしておいている。専業だし暇をもてあましているのだろう。暇というのは罪なものだ。やることがない、というのはそれなりに辛いものである、ということは理解できる。それぞれに、やりたいようにすればよい、そう私は思っている。


 祐子はちゃぶ台に、トーストと目玉焼き、スープを並べた。


 「簡単なもので悪いけど、これでいいことにしてね」


 「ああ。十分だ」


 「そう、なんかほっとする人ね」


 私の妻もほっとしているのだろうか、いやそうではあるまい。暇を持て余してどうにもならなくなっているから、男遊びなどしているわけだ。喧嘩もずいぶんと長いことしていない。そもそも、顔を見ない日もあるわけで喧嘩になりようがない。妻は用心深い人間で、自分の身辺を厳重に管理している。金庫の鍵も妻が持っているし、まあそれはそれでよい、と私は思っている。むしろ、私の方が無防備で、自室に妻が入ってはこないが、いかがわしい映像などを持ったりもしている。誰しもがそうではあるだろうけれども。

 

 「ほっと、か。祐子さんにとってほっと、ってなんだか理解できないんだよね」


 「そう?ほっと、は、ほっと、よ。安心してることなのかもね」


 「平気で風俗に来るような男を信用してはいけない、と僕は思うよ」


 「それは人それぞれよ。事情もそれぞれよ」


 「まあそうだけど」


 事情もそれぞれ、か。そうには違いない。人は誰しもが異なる環境にいるわけであって、その人にあった状態がほっとしている状態なのだろう。そういうことを思う自分も、ほっとしているのじゃなかろうか、等と思いもする。


 しかし、倫理的にどうかなどと考え出すと頭の中に寒い風が吹き込むような気さえする。倫理とはなんだろうか、と私は思う。何が人間にとって守らなければいけないことで、なにをしてはいけないのだろうか、それは「常識」で規定はされているものの、確固たるものとして存在しているわけではない。


 倫理は人間が作ったものであり、人間はそれを後から教えられて覚え、社会に対応する訓練を無理矢理に受けさせられている。成長するにしたがい、学校での倫理、社会での倫理、会社での倫理、そんなものまで背負い込んで、重い気分になったりもする。


 朝食を食べながら、そんなことを私は考えていた。一方で、祐子はずいぶんと穏やかな表情で、朝食を食べそして私を見ている。


 「ねえ、帰る前に少しだけ散歩してから、じゃだめかな」


 「少しだけね」


 「良かった。じゃあ、川沿いの堤防の上、あそこがいい。今は冬だけど、渡り鳥たちがたくさんいるわ」


 祐子はさっさと片付けを済ませ、着替えをし、薄化粧をしていた。私は思いにふけったり、ぼうっとしたりしてそれを待った。


 川の土手まではすぐだった。高層ビルの建ち並ぶ喧噪の街から少しだけ離れている。冬の横から差す朝日がまぶしい。祐子は手袋をした手で私の手を握った。


 「こういう関係って、そんなに長くはつづかないんだろうなあと、ちょっと思うと切なくなるわ」


 「まあ、そういうものだろね」


 川岸では渡り鳥たちが何かをついばんでいる。河口の方に向かって川は蛇行して流れていく。時々、渡り鳥たちは一斉に飛び立ち、河口のほうに向かっていく。小さくなる渡り鳥たちの先には、私が行き来するオフィスのあるビル群が立ち並んでいる。


 ビル群には朝もやがかかり、うっすらと見えるだけだ。普段、見ようと思ってもしなかった光景であった。私は祐子の手をにぎりかえした。そうして言った。


「ビルってさ、なんでああ薄暗く見えるんだろうね」


「さあ。そう思うからそう見えるのよ」


 祐子は何の気なしにそう言っているようであった。そう思うから、か。私は心の中で反芻した。


 完
 こちら、別編として書いたもので、短いこと、少し成人要素があることから出版していません。

 大元を書いたときは元気だったので、多く書いてもよかったのですがね。

 本編は女性の視点で書いた物語になっています。

copyright © 2006 2019 文豪ストリーキング all rights reserved.