FC2ブログ

丹沢山塊放浪記 その1

ここでは、「丹沢山塊放浪記 その1」 に関する記事を紹介しています。
1980年代。登山がダサくて、バイクでぶっ飛ばすか、街で踊るのが良しとされた時代である。若者は山なんかには行かないものであった。この学校のどうしようもない山岳部も例によって堕落していて、ハードなトレーニングなぞ一切やらず、毎日ランニング8キロをやるのが習慣であった。

ただ、ランニングとは言っても田舎の学校のこと、周囲は里山。自然と山道を駆け上ることで足腰は鍛えられていた。毎日、集合する時間も適当、集まったら山道を走り出す。だいたい、行ったこともない道で、キジだのイノシシだのが歩いてたりする。イノシシににらまれると怖い。もしかしたら、死を意味するかもしれない、と部員たちは考えていた。それで、坂道をダッシュしたりするわけだ。まあ、割と自然に鍛えられた、と言っていい。

その年のゴールデンウィーク前日に部長、石田が丹沢に行くと言い出した。みんな、嫌な顔をした。ああ、またあのバカ尾根か、900メートルの標高差がある大倉尾根を、塔ノ岳まで上るのだが、果たして富士山を登るより辛いのではあるまいか。富士山は通常、新五合目2500メートルからジグザグにただ登るだけ、老人であっても登山可能だ。だが、丹沢は深くて暑い樹林帯の中を上下しながら塔ノ岳まで歩いていかねばならぬ。ああ、いやだ。

石田は言い出した。「今回の連休は長いから、五日くらいみて、山中湖まで行こう。幸い、東海自然歩道とやらもあるようだし」。みんな嫌そうにしている。石田の言うことを聞きそうなのは四人だけ、だから隊は五人だ。なんだ、泊まりかよ、ザックが重くなるじゃねえか、とそんな思いを抱いているわけだ。この山岳部はヤワなので、12キロ以上の荷物を担いだことなどない。しかし、今回の日程の長さから言って、それ以上になりそうだ。

それに何でまた、秦野まで行ってまた富士五湖に行かなくちゃいけないのか、まるで意味が分からない。それに、と中島は思った。たしか東海自然歩道、今は廃道に近い状態じゃなかったんだっけ、と。こいつはまずい、なんとか石田を止めねば。「石田さん、もっといいところに行きましょうよ、ほかにも南アルプスの北岳とか」「北岳ーーー。つまんねえこと言うなよ、何回行ったんだよ。観光客だらけで、ただ登ってて降りてくるだけだろうが」「いや、そうはいっても。。。」。東海自然歩道が、現に今時点、地図には書いてあるものの、廃道だということは言い出せなかった。

五人のうち下級生三人がしかたなく、スーパーに買い出しに出かけて行った。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.