FC2ブログ

人の言いなりにならず自分で調べる

ここでは、「人の言いなりにならず自分で調べる」 に関する記事を紹介しています。
さあ、若くして癌になりました。宣告もされました。たしかに焦る気持ちは分かる、経験者だから。だからといって、すべてお医者さんの言う通りにする必要もない。お医者さんと話し合って、治療法を決めることに建前上はなっているからだ。そのときに、話し合えるだけの知識は詰め込んでおかねばならない。ステージのこと、各部位癌による死亡率、ステージ別死亡率、がんと長くつきあっても大丈夫なものなのかどうか。

がん保険もあるが、日本には国民皆保険制度がある。ある程度の給与をもらっている人なら、民間保険に無理して入る必要もない。ただし、低所得層は治療の間に、生活費がいるのでけんみん共済(など)に入った方がいい。何度も病気してるので、分かるのだが保険会社はお金なんて払いたくないのがほんねだよ。有効に国民皆保険制度を利用しよう。100万の手術をしたところで、支払いは数万円だ。国民皆保険制度が崩壊すると思う方は別。それは考え方によるものだ。

あとは抗がん剤。ある先生が書いたように、全く効かないわけではない。きちんと効くケースもある。ただ、最新薬とか望むのはどうかと思う。大抵は製薬の実験台ですよ。高いし。高度医療とか受けたがる方もいるが、ごく一部のケースを除いて必要はない。なぜなら、そのような医療を受けること自体、ほかに方法がないほど悪化しているということだ。

製薬はお金もうけたいので、色々な薬を作るが高価だから効くわけではない。そのあたりは要注意。

普通はもう効果の分かった薬から始めるはずだ。初期の5-FUはいろんな形で構造を変えて、今は飲むこともできる。安価な薬もある。それで、効かなかったらお医者さんと考えよう。

きちんとまともな情報源を手に入れて、製薬のいうことをうのみにしないことがだいじ。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.