FC2ブログ

短編小説 空沼岳 北海道の春 その1

ここでは、「短編小説 空沼岳 北海道の春 その1」 に関する記事を紹介しています。
五月になり連休になった。私は貧乏学生でやることもなく、アパートでやるせなく過ごしていた。ふと、山岳地図を見ていて、ここ行ってみようか、と思う山があった。「空沼岳 湖水と森林をたたえた美しい山」というタイトルでガイド本にものっていた。ただ、一人で行ってもつまらない。近くに三田村のアパートがあるので、聞いてみよう。彼女もいない三田村、どうせ暇に違いない。

三田村の家に勝手に入っていったら、昼飯を作っていた。「一緒に食べるか?」と聞く。「そうしてくれるとありがたいよ、仕送りがもうなくて」「じゃあ、炒飯ということで」「なんでもいいから食わせてくれ、それからちょっと話があるから」「ご飯たべながらでいいっしょ」
ということで三田村に食料配給を受けながら、私は山行のことを話し出した。

「だからね、南区なんだけど、ずっとサイクリングロードが豊平川に沿ってあるわけだ」「それで?」「三田村、山に行きたいというからさ、一緒に行こうよ」「疲れるの?」「大したことないって」怯える三田村に地図を見せて説明した。豊平川に沿って自転車で南下し、そこから外れて、切り崩し場の方に向かう。25kmも行くとその近くに実にきれいな小川がある。小川があるのはこの山が、水が豊富だという証拠だ。しかもこのゴールデンウィーク、暇だろ、と説得を続けた。そして、この山には二つの湖がある。それも実に美しいのだ、一つは万計沼、もうひとつは真簾沼という。空沼というのもあるが、ルート外なので今回はやめよう。ゴールデンウィークだし、軽装で雨合羽でも着ていこう。どうせ濡れるんだから運動靴でいいだろうと。

三田村は炒飯をぐぶぐぶと食いながら、私の話を聞いている。「そう、じゃあ、湖じゃなくて沼なんだね」「沼とも言えないくらいきれいなんだよ」「で、面白いものとかあるのかな」「お前の好んでやまない、シマリスがいっぱいいる」「熊でないよね」「出ないって、こんな人の通るルート」ようやく三田村の説得に成功した。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.