FC2ブログ

短編小説 空沼岳 北海道の春 その5

ここでは、「短編小説 空沼岳 北海道の春 その5」 に関する記事を紹介しています。
万計沼から目指すのは真簾沼である。距離はたいしたことはないが、登りは続く。まず、登山道をあるいていって、私は驚いてしまった。「しまった、これ冬山だよ」声には出さなかったが、カラマツの梢が低く見えることから見て、積雪は最大で十メートルはあるかもしれない。かんじき、という雪に沈まないようにする道具があるが、それが必要なほどだ。一歩ごとにズボッと足が雪にはまり込む。三田村はそんなものと思っているみたい。そのうちにそれどころではなくなってきた。ラッセルをしないと前に進むことができない。ラッセルとは小刻みに足を前に進めて雪を踏み固めていくことだ。体力をたいへんに使う。

そのうちに下ってくる方が見えた。挨拶をして話をした。「まだ、雪ありますか」「そうだね、まだ雪解けはこれからだね。そんな靴で大丈夫なの」「あ、いえ」私は答えに窮した。大丈夫とは言えない格好だ。防寒着はあるが、もし天候が崩れたらとてもまずい。それほど深い山ではないのですぐに帰ることはできるが。しまった、これから尾根までラッセルか。会った方もかんじきを履いていた。

登り坂は緩やかになってきたが、さらに雪は深くなり、ラッセルだけで大変になってきた。三田村には前を任せられない。すぐにバテてしまうだろう。真簾沼までの距離は近いはずだ。もう少しの辛抱。

とても長い時間ラッセルをしていたように思うが、たいした時間ではなかったようだ。林間から真簾沼が見えてきた。三田村はまだ気づいていない。下を見ながら歩いているから。急に景色が開け、岩だらけの湖畔があらわれた。「三田村、ついたぞ、見ろ」「おー。すごいね。こんなところがあったんだ。それにしてもしずかだねえ」「まあ普段でも静かだけど、雪があるから音が余計聞こえないのさ。休んでいこう」「そうしよう」

二人は景色に見とれていた。本当にこんな景色が目の前にあるとは思えない。大きめの岩がごろごろと湖畔にあり、水辺には小さなエゾサンショウウオが泳いでいる。孵化したばかりなのかもしれない。快晴で暑くもなく寒くもない。対岸にも岩が見え、そこから植生が広がり、湖面に映っている。実にいい気持ちになってきた。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.