FC2ブログ

短編小説 空沼岳 北海道の春 その7

ここでは、「短編小説 空沼岳 北海道の春 その7」 に関する記事を紹介しています。
帰りは下りなので、飛ぶように歩いて行く。三田村が先頭になり、さっさとくだっていく。真簾沼を抜け、ラッセルで苦労した雪原も、すでにラッセル跡があるから、歩くのはらくだ。三田村は私の苦労なんて知らずにさっさとラッセル跡を下ったいく。万計沼にもやがて到着した。「休もうか」と私がいったが三田村は「気分がいいから歩きたい」という。そのままペースをまかせることにした。

帰り、勢いよく歩く三田村を見て、滑らなければいいのだけど、と思った。果たして彼は見事に滑り十メートルほど腰で移動していった。怪我もなく、本人は笑っている。笑い事じゃないんだよ、はしるなって、と私はおもった。

その後は快調に登山口まで降りることができた。足が痛くなってしまい、登山口の川で靴下を脱いで足を冷やした。驚くほど冷たい、当たり前でそれは溶けたばかりの雪解け水だからだ。すぐに足を引っ込めた。三田村は靴下だけ取り替えた。

帰りの自転車も下りなので、素晴らしい速度で市内に向かっていく。市街はたしかに難渋したが夕方には二人とも帰宅した。

翌日、私は筋肉痛でほとんど動けなくなってしまった。三田村が私のアパートに来て、「ぼくは下りが得意なんだ。足も痛くない」と主張する。それは痛くないだろう、君はラッセルをしてないからだよ、といいかけて黙った。二人でテレビを見ながら、昨日のことをあれこれと話した。三田村とは何回か登山に行った。卒業後、彼は北海道に残り私は本州で働いた。親友ではあったが、距離が離れて時間がたつと、連絡をとることもなくなってきた。いつも彼の笑顔をおもいだす。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Kamisiro様

いつも有難うございます。

どうぞ、アクセスも良いはずですから行ってらしてみてください。

お兄さんと一緒に行けたら、楽しいでしょう。

札幌はすきな街です。
2017/09/15(金) 00:37 | URL | いわのふ #-[ 編集]
読み終えた時 
なんだか、すーっとした清々しい気持ちになりました

身近な言葉が多くてすごく簡単に
想像しながら読むことができました
でもきっと今の景色とは少し変わっているのでしょう
私も登ってみたくなりました
私の兄も山に登るのが大好きなので
今度一緒に行けないか交渉してみたいと思います!
2017/09/14(木) 21:02 | URL | A . Kamisiro #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2006 2019 文豪ストリーキング all rights reserved.