FC2ブログ

新薬 新しい抗がん剤は何故高価なのか

ここでは、「新薬 新しい抗がん剤は何故高価なのか」 に関する記事を紹介しています。
前にもいったとおり、新しい抗がん剤で高いとしても効果があるわけではありません。

現在の主な抗がん剤は60年代発のフルオロウラシルと80年代発のプラチナ系です。

ほかにもまあ、なんとかパキセル、みたいな薬はあります。

特にプラチナ製剤は非常に有効ながんの種類が多く、多用されますが、製薬会社の特許が切れると、途端に安くなります。

なので、製薬はどうするかというと少しだけ分子構造を変えて特許を出すのです。

そのようにすると、特許が認可されて高い価格で売ることができます。

であるからして、高いからと言って効くわけではないんです。

きのこ類の抽出ブツなんて気を付けた方がいいですよ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/279-70fd7609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.