FC2ブログ

小説 君の見える坂道 その一

ここでは、「小説 君の見える坂道 その一」 に関する記事を紹介しています。
 すでに発表しておりますが、初期のものであり、稚拙な恋をえがいたものですので出版権はわたくしが保持している小説です。

 最初に書いたもので洗練はされていませんが、公開しないのももったいないので、公開します。

---

第1話

「まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき

 前にさしたる花櫛の 花ある君と思ひけり

 やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは

 薄紅の秋の実に 人こひ初めしはじめなり」 島崎藤村「初恋」より

 ────────────────────────────────


 昇は少し恥ずかしくなった。

 中学二年、図工の時間であった。


 彼は粘土細工をひたすら作り、それを少しでも見栄えよくするため、格闘中であった。三人ずつの作業台の前に座り一生懸命、造形の調整を企図し、粘土を削ったり足したりを繰り返した。


 あまりに作業に夢中になり、二組の男女が昇の背後で話しを始めたのさえ気づかなかった。


「知子さあ、昇のこと好きなんだって」


「へえ、意外だね。知子ちゃんておとなしいから、そういうこと言わない子かと思ってた」


「女の子の前ではおどけたり、ふざけたりしてるよ。話し出したらおとなしくはないよ。でも、すごく恥ずかしがり屋だから」


 男女のうち、一組が言った。もう一組の男女と一緒に談笑している。目の前で昇と知子が作業しているのも知らずに。手を止めたときに昇はそれを聞いてしまった。途端に顔が真っ赤になって、手元が動かなくなった。「今日は駄目だ」昇の手が動いてくれない。体も固まってしまった。


 昇は数分そうしていたが、ずいぶんと長い時間のように思えた。少しだけ体が動くようになってきた。でも顔は真っ赤で、どうしても元のように白くなってくれない。困った、と昇は思った。ほんの少しだけ知子を見た。知子も顔を真っ赤にして、だが手はよく動き造形物に打ち込んでなんとかこの場をしのごうとしている。


 後ろで話していた男女たちは、いつの間にか自席に戻っていた。わざとやったのじゃないか、昇は少しうたがったが、そんなことするような連中ではない。いつも真面目な生徒たちだ。


 人をからかって罠にかけるような、そのような悪知恵の働く子たちではない。だから、どうというのだ、自分はこの時間内に造形物を完成させなければならない。今日中に素焼きがまにいれ、次回は色塗りをしなければならない。


 速くしないと。でも手が少ししか動いてくれない。この顔色をだれかに見られたらどうしよう、そんな思いがますます昇の顔色を変えた。また手が止まった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/401-4f7f97e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.