FC2ブログ

小説 君の見える坂道 その五

ここでは、「小説 君の見える坂道 その五」 に関する記事を紹介しています。
第5話

 国語の時間に島崎藤村の「初恋」を習っていた。教師はこれが理解できないものはいるか、と言った。昇はおずおずと手を上げた。恥ずかしそうに手をあげたのは男子のみ数人であった。教師は微妙な笑顔をうかべ、「ほぅ」と言った。


 あのとき、知子は手を上げてはいなかった。先ほど思いついた難解に見えた方程式の解を思い出した。そうだったのか、と昇は思った。数式が難解ではなくて、こころの問題だった。物理学者は数式に思想を込める。「この現象はこうあるべきだ」と。それと同じ理屈だ。初恋、この現象は「こうあるべき」という理屈を説明するように思えた。納得がいったわけではないが、理屈に隙がないように昇には思えた。


「知子ちゃん、いいよ、明日はうちの前で待ってる」


「ほんと、いや、照れるなあ」


 知子は妙になれなれしく言った。知子にしても精一杯の演出だったのかもしれない。すこしだけ、愛おしさという感情らしきものがよぎった。なぜか、知子の目を見た。何のかげりもない。この夕ぐれでひとみが輝いている。これが解だ、そう昇は思った。


「まだあげぞめし、まえがみの......」


 と昇は一人つぶやいた。しばらく知子は黙っていた。そして、知子が昇を見つめながら続きをつぶやいた。


「ひとこいそめしはじめなり......」


 完

 2017.9.17初稿

 2017.9.19改訂

 2017.12.2改訂2
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/405-3b4ee313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.