FC2ブログ

タンパク質の性質、例えばコラーゲン

ここでは、「タンパク質の性質、例えばコラーゲン」 に関する記事を紹介しています。

 いい加減な情報に皆さん欺されないように、余計なお世話とは思いますが敢えて書きます。
※そういいながらも、間違いを修正(2/24)。

1. タンパク質とはなにか

 タンパク質とはアミノ酸が直線上に連結されて作られた化合物です。必要とされるアミノ酸はタンパク質を経口摂取するか、体内で合成されます。

 特徴があり、直線上に作られたものが丸まって、ある構造を作ります。この構造によって人の組織の機能が決まります。大部分の構造はベータ構造、アルファヘリックス、ランダムコイルという三種類です。多くのタンパク質は、加熱によって左記に述べた三種類の構造が崩れます。ゆで卵がの白身が白くなるのもこのため。

 コラーゲンはアミノ酸配列がある規則で配置されている特徴があり、上記の三種の構造とは別に、さらに高次な三重らせんの特殊な構造をとることができます。

2. コラーゲンは体内でどのように吸収されるか

 コラーゲンをはじめとした、タンパク質を摂取すると、ほぼアミノ酸にまで腸内で分解され、そのアミノ酸が体内で再構築されてからだを形成します。コラーゲンに含まれるアミノ酸は、人体に必要とされるアミノ酸の構成比と比較すると偏りがあります。これをアミノ酸スコアが低い、と表現します。要するに、タンパク質として優れた食材とはいえません。

 腸内では全てがアミノ酸にまでは分解されないこともあり、一部がアミノ酸が複数結合した形で吸収されることがあります。これは、場合によっては良く働くこともありますが、アレルギーの原因にもなります。

 一般向けに分かりやすいサイトがあります。NAVERまとめ、好きではないですがこれは比較的に正確です。

  https://matome.naver.jp/odai/2148364786632924401

以上
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/424-a4a24cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.