FC2ブログ

評論 文字媒体というメディア 一

ここでは、「評論 文字媒体というメディア 一」 に関する記事を紹介しています。
文字媒体というメディア

1.何故、本は読まれないのか

 もう何年も前から、本を読まない人が増えたと言われてきた。わたしが少年の頃からなので、今に始まった話ではない。

 なぜ、「本を読まなくなったか、新聞を読まなくなったか」について哲学の教師が簡単なことだと言った。すでに数十年前になる。

「テレビその他のメディアで同等の情報が得られるのに特にニュース性が求められる分野ではもはや文字はニュースですらない。娯楽であればマンガ、映画、ビデオがある」

 当たり前の話ではある。さらに、「編集王」というマンガにも事情が事細かに描かれており(作者はもうお亡くなりだが)、よほど芸能人でも無い限り、新人作家などデビューのしようがないわけで、デビューしたところでそれで食っていけるわけではない。今では日本人の五人に一人しか日常的に本を読まない(電子書籍を含む)といわれているほど市場は縮小している。

「編集王」は文芸が衰退した後のマンガ全盛の時代に描かれたが、やがてゲームに娯楽の座を奪われていくであろうことを予測した。そして作者の土田世紀はなくなった。マンガも同様の経緯をたどりつつあるようだ。

 今ではゲームすら怪しい。高度化が進むかとおもいきや、携帯やスマホゲームの普及で一気に開発コストが安く、課金制のゲームが流行した。その後はもう見る影もなく、大タイトルは別にして特に視点を変えたよほどできの良いゲームでもなければヒットなど望むべくもない。今後はVR技術の発達、というより、コンテンツの充実でそちらに顧客を奪われていくのであろう。脳に直接、情報を投射する技術が開発される迄は。

 メディアというのは変遷するものであり、文字が発明され、印刷技術が発明された後は雪崩式に変遷期間が短縮されている。日本では早期に多色刷りの浮世絵が実現され大衆娯楽となった。今では極めて印刷技術が高度化している。家庭にあるインクジェットプリンタ、ページプリンタは超微細なインク粒子を細かく制御して写真画質で印字できるまでになった。もはや印刷会社は本来の技術で食っていくことさえできなくなって、別のビジネスで稼いでいる。

 文字でなければ困る分野というのは限られている。たとえば科学技術書類などで、これは電子書籍より、あるいは動画式の解説より活字本の方がはるかに良い。数式が多く、自分で書き込んで導出した経緯を書いておくことができるし、一々付箋ソフトなど使ったり、最近のOSで実現されたようなメモ機能で数式なんか面倒で書いていられない。いまだにペンタッチでの数式入力には問題が多く、使いものにならないからだ。

 以上、文章を使ったメディアにはわずかな用途にその必然性を見るだけであり、やはり衰退するメディアであることに代わりないと思う。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/430-dd88b8f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2019 文豪ストリーキング all rights reserved.