FC2ブログ

日本の財務は世界でも突出して健全、実質的な借金はないに等しい。

ここでは、「日本の財務は世界でも突出して健全、実質的な借金はないに等しい。」 に関する記事を紹介しています。

 なにかというと、円は買われる傾向にあり特に世界経済が停滞しそうになると円高に偏りがちになる。

 これ、ヘンだと思わない?円高になれば日本経済は傾く(輸出がしにくくなるから)、とされてるのにむしろ円を世界中が買うのだ。これが韓国だったら真っ先に通貨安になる。先のアジア経済危機でも、当事者となった東アジア各国では通貨安が起きてから、経済破綻を起こしている。だから、韓国は日本円でウォンを実質的に買い支えてもらい、最悪の事態を回避した(日韓通貨スワップ協定があったので、事実上、日本は韓国を経済的に援助したのである。現在はこの情勢もあり、通貨スワップ協定は停止されている)。

 なぜ、円高になるかというと、世界経済全体が悪化しそうになると、ほかの金融資産や海外通貨より円の方が安定している、信用できる、ということである。だから、各国の通貨を売却してまで安全な円を買う。

 日本円が安全、と思われている背景は次のとおりである。日本は、国内全体の資産がほぼ自国内でその権利が保持されており、また豊富な海外資産(主に米国債)を持っている。日本国債は、というと日銀を通じて国内金融機関が保持しており、日本は海外に借金をしていない。トータルで見て純債権国であり、国としての借金は海外から見る限り存在しない。

 日本の金融機関にカネを預託しているのは国民である。銀行はその金を使って国債を購入する。要するに、各種の政府資産は事実上、国民が所有している形態になってるだけである。これは、国内でのカネの流れがちょっと変になってるだけで、国としては全くもって財政的には問題がない。とはいったって、「カネの流れが変」であるから、みんな困ってるわけだ。

 景気が悪いとか言うが、阿呆な一部経済学者(こいつらは本当に無能で、未来が予測できる信じるトンデモ学者である。どんな科学的手段を講じても、未来は(ごく短期の将来は別にして)予測不可能であることが証明されている。だから、週間天気予報がはずれるのである)がろくでもないことばかり言う、というのが一因である。

 金の回り方がおかしくなっていて、ごく一部の(特にお年寄り)人や企業にカネが集まり、大多数の人間が余計にカネを使わないから景況感が悪いのである。日本は国内経済だけでGDPの8割もあるわけで、国内でカネ持ってる人が使うだけで、あるいは再分配(これはちょっとやり方を考えないとモラルハザードが起きてしまうが)するだけで景況感は良くなるはずなのに。それを阻んでいるのが「将来は心配だから、キャッシュをもっておこう」という考えである。

 人がキャッシュを持っておこう、そう思うのなら永遠にデフレなんぞ収束するはずはない。だって、将来不安だからカネを手放すわけにはいかないと考えてしまうから、モノなんかより大事にされる、したがってカネの価値はいつまでも下がらないという循環になってるのである。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/558-9a2aea81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.