FC2ブログ

モノは満ち溢れ、価値が下がってるのに経済成長なんてするわけがない

ここでは、「モノは満ち溢れ、価値が下がってるのに経済成長なんてするわけがない」 に関する記事を紹介しています。

 デフレである。それはそうだろう、と思うわけだ。

 モノがあふれてネットでいつでも手にいれることができる。相対的に、カネの価値が上がってるのが日本の現状である。いくら札を刷っても買いたいものなんてそうそうないわけだよ。ほしいものは「安心」であり、それはカネだからいつまでたってもデフレは続くわけだよ。

 当たり前で、経済成長期ではないからインフラ投資もかつてほどする必要もなく、農地を広げる必要もない。電気製品は安いアジア製で十分な水準になっている。だから、カネをつかって何かを得ようという意識が低くなっている。むしろカネを持ってないと不安で仕方がないから、ため込んでる連中がいるわけだ。余裕があれば、だけども。余裕がない、と言っている人たちだって食い物に困ってるわけではない。しかし、カネが手元からなくなったら「自己責任」の世の中だから、世間には食い物が余っていたって自分の食い物を手に入れられなくなる可能性もある。それが、不安なのである。

 不安を取り除こうという考えがこの国には少なくとも、それが可能な人たちの意識として不足している。なにが自己責任だ、と思うわけだ。

 社会性をもつ生物は利他的に行動している種が多く、利己的な個体は排除されていかざるを得ないのが自然である。

 アングロサクソン的な考え方は、近代になって主流になったわけだが、原理から考えていつまでも続くようには思えない。新自由主義の行きつく先は、よりカネをもうけることにたけた一人の人間だけが生き残ればよい、という社会であり到底、人類の本能とは相いれそうにない。

 日本は「不安症」にとりつかれた組織によってカネがため込まれ、また市民も不安症にかられて婚姻率が低下し、少子化という悪循環にある。たった一つの可能性として、日本人が古来より持ってきた自由奔放さと寛容さを取り戻すことが大事なように思え、社会構造もそのようにしていかなくてはいけないと思う。

 寛容さ、最近ますます失われている。除夜の鐘、騒動があったがそんなのもひとつの例である。








関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/572-c6957d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.