FC2ブログ

コロナウイルスの対策について思うこと(日本のやり方は間違っていなかったのかもしれない)

ここでは、「コロナウイルスの対策について思うこと(日本のやり方は間違っていなかったのかもしれない)」 に関する記事を紹介しています。

 テレビで嘘垂れ流してる方とかいるが、あんまりにもなので。

 まず、「ワクチンはできるか」について。
 本庶先生もおっしゃられているようだが良いワクチンはできない。ワクチンができないといっているわけではなくて、「良い」ワクチンはできないだろうということである。

 理由はコロナウイルスが一本鎖RNAウイルスで変異を起こしやすく、インフルエンザの予防接種でも起こることだがワクチンをうっていても流行が起こりえるからである。

 では、どうすれば終息するかというとよく言われる「集団免疫の獲得」で、多くの人が感染して抗体を持つようにすることである。そうなれば多種の抗体が存在するために、ウイルスが変異したとしてもその生存が困難になる。しかし、急激にこれをやろうとしたスウェーデンでは感染拡大が制御できなくなりつつある。

 ということは、いかに感染速度を抑制しつつ集団免疫を獲得するか、ということが課題になってくる。日本のやり方は、強制隔離でもなければ完全放置でもなくて、中途半端な状態である。ではあるが、これが感染爆発を抑えながら免疫を獲得していく良い方法だったのかもしれない。結果論になってしまうけれども。

 なんでもそうだが、急激にものごと進めようとすると、効果が得られればいいが、そうでなかった場合の対価が高くついてしまう。どっちつかず、というのもありかと思う。

 おそらくは、日本人の抗体検査をすれば多くの人が陽性になっているのだろうし、それは徐々に増えていくのであろうと思う。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://starttonext.blog.fc2.com/tb.php/578-22a0b225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 2020 文豪ストリーキング all rights reserved.